40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 自主練編【初級】
自主練 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 腹部強化 鋼の腹筋計画 3 メディシンボール

打たれ強い腹にするために、メディシンボールを使うのも大変効果的です。
ボクサーがボディ強化のメイントレーニングにメディシンボールを使うのは周知の事実です。

通常メディシンボールは二人一組で上から落としてもらって行いますが、一人でもできます。
床に仰向けになって、高いところから落とすようにしたり、自分で腹を叩くように使います。

メディシンボール・トレーニングのポイントは、バット叩きと同様、当たる瞬間に腹筋をしめるようにすることです。

このトレーニングの最大の目的は、腹筋の「反応速度」をあげることです。
どんなに腹筋を鍛えても、突き(パンチ)や蹴りが当たる瞬間に腹筋がしまっていない状態では、”効かされて”しまいます。大切なのは当たる瞬間に鉄のように腹筋がしまっていることです。
つまり、腹筋の反応速度を上げることがとても重要になるのです。
そのためのトレーニングが、メディシンボール・トレーニングの意義です。


メディシンボール

メディシンボール MBG25 5kg


重さは1kgからありますが、あまり軽いのはやめましょう。
やはり最低5kgは必要です。

バットを叩く、突く方法と合わせて行えば、一人でかあんりの腹部鍛錬ができます。
是非お試し下さい。

また、メディシンボールは別の使い方もあります。
↓の動画を参考にして、試してみて下さい。




メディシンバット

メディシンバット MBT



↑このメディシンバットは、管理人は持っていませんし、使ったことはありませんが、間違いなく効果はあるでしょう。また、腹部を鍛えると同時に腕を鍛えられますし、スネやその他の場所の鍛錬にも応用可能な点がいいです。


●腹部強化メニュー
腹部強化 鋼の腹筋計画 1 腹筋トレーニング
腹部強化 鋼の腹筋計画 2 バット叩き
腹部強化 鋼の腹筋計画 3 メディシンボール
腹部強化 鋼の腹筋計画 4 腹打ち


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。