40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 自主練編【初級】
自主練 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 ローキックに打たれ強くなる方法 4 下段の蹴り合い

「40代からの空手道」の自主練の定義は、「家で1人で行うトレーニング」ですから、2人以上で行うトレーニングは「自主練」に含めませんが、打たれ強い太ももを作るために大変有効なトレーニングがありますので、例外的に2人で行うトレーニングもご紹介します。

それが、「下段の蹴り合い」です。

「下段の蹴り合い」は、ローキックに打たれ強い太ももを作るために大変有効な方法です。
有効というより、最も効果がある鍛錬方法かもしれません。

「下段の蹴り合い」は1人ではできませんので道場でパートナーを探し、稽古終了後、2人で行います。
または、友人がいれば自主練でやることもできます。

下段の蹴り合いの要領は下記の通りです。

●下段の蹴り合い

下段の蹴り合い 下段の蹴り合い

初めは無理せず、50%程度の力でやりましょう。
50%程度の力加減でも、最初の頃は結構効くものです。
無理は禁物です。

※サポーターはしないで行います。

要領としては、交互に蹴り合う形、片方が連続して蹴る形の2パターンあります。
どちらでもOKです。

交互に蹴り合うやり方の場合は、自分が右のアウトローを蹴ったら、相手が右のアウトローを蹴る。
次に自分が左アウトローを蹴り、相手が左のアウトローを蹴る。そして右のインロー、左のインローとローキック4ヵ所を交互に蹴り合います。

片方が連続して蹴る場合は、自分が右のアウトローを5回蹴ったら、相手が右のアウトローを5回蹴る。
そして左アウトロー、右インロー、左インローと順に5回ずつ蹴っていきます。

受ける方は必ず顔面ガードをするようにします。

メインはアウトローですが、インローもやるようにしましょう。
インローを蹴る場合は、ケガしないように膝に当たらないようにしましょう。

注意点、
決して倒れるまでやってはいけません。
倒れるクセがつくとよくないので、倒れる前でやめるようにします。

数ヶ月続けて段々と耐性がついてきたら70〜80%の力でやり、最終的には全力に近い力で打ち合いができるように鍛えましょう。

バット叩き、スクワット、手骨叩き、そして下段の蹴り合い、この4つがローキックに打たれ強くなる太ももを作るための鍛錬方法です。

40代からでも打たれ強い太ももを作ることができますので、無理をせずコツコツと続けましょう。

●大腿部強化メニュー
ローキックに打たれ強くなる方法 1 バット叩き
ローキックに打たれ強くなる方法 2 スクワット
ローキックに打たれ強くなる方法 3 手骨叩き
ローキックに打たれ強くなる方法 4 蹴り合い





 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。