40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 自主練編【初級】
自主練 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 部位鍛錬 中足の鍛え方 前蹴りの威力強化

組手(スパーリング)で、前蹴りを出した瞬間、『痛っ!』。
激痛が走ったことはありませんか?

前蹴りが肘に当たったり、強く腕で捌かれると、突き指することがあります。
場合によっては骨折することもあります。
特に小指は細いので弱いです。

突き指を1、2度すると、前蹴りを出すのが怖くなり、ほとんど出さなくなる人もいます。
私は足が結構長いので、前蹴りは有効な技の一つとしてよく使います。
幸いにも、今のところ前蹴りでの大きなケガはありません。

ケガを100%防ぐことはできませんが、中足を鍛えることで、確実にケガ防止になりますし、
何より前蹴りの威力を高めることができます。
中足鍛錬は大切な部位鍛錬の一つです。

中足


管理人が行っている、中足の鍛錬法は以下の3つです。

1,中足返し

中足の鍛え方 指の屈伸運動 中足の鍛え方 指の屈伸運動
   
道場稽古の基本の準備運動でも行う「中足返し」です。
足を固定したまま、足の指を手前に引いたり、押し込んだりを繰り返します。自主練のときはもちろんですが、テレビを見ながらとか、暇があれば繰り返しやりましょう。
やればやるほど、指が反るようになりますので、前蹴りを出したときにしっかり中足部分が当たるようになります。指の柔軟性を高める目的で行います。


2,砂袋蹴り

砂袋蹴り 砂袋蹴り

スネを鍛えるため砂袋を蹴りますが、その際中足でも蹴り込みます。
砂袋を中足で蹴る場合は、なるべく砂袋の下の方を蹴るようにしましょう(下のほうが硬いため)。
最初はかなり痛みがありますが、段々と慣れてきますので、慣れてきたら強めに蹴り込みましょう。
BODYMAKER製 砂袋


3,床叩き

床叩き 床叩き

中足部分で床をドンドンと叩きます。
慣れるまでは床がいいでしょう。段々と耐性がついてきたらコンクリートなど、より硬いところを叩きましょう。

以上の3つが中足の鍛錬法となります。
是非お試し下さい。


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。