40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
ゴッドハンド 語録
ゴッドハンド語録 リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。

ゴッドハンド 大山倍達 語録・名言集

 ゴッドハンド語録 vol.50

極真の精神について

『極真の精神をひとつ申し上げましょう。
極真の精神とは、「頭を低く、目を高く、口をつつしんで、心を広く、孝を原点とし他を益す」。
つまり謙虚になって人のために働けというのが、極真の精神なんです。
これは世界平和のためにも通じる精神です。これは儒教の言葉で、日本の精神であり、武道の精神でもある。ちょっと金があるからといってイバっちゃだめ。偉いからといってイバっちゃだめ。頭を低くして、謙虚さが人間をつくる。空手という強さがあっても、それを表に出しちゃいけない。いつも人には優しく、そのかわり人生の目標だけは高くもちなさい。
口をせまくして心を広く持ち、何でも寛容に平等に、温もりのある人生を歩け。親に孝行をすることを基点として、社会に奉仕する精神を忘れるな、ということです』

対談より


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。