40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
ゴッドハンド 語録
ゴッドハンド語録 リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。

ゴッドハンド 大山倍達 語録・名言集

 ゴッドハンド語録 vol.14

本を読まないと頭打ちになる

『私はね、道場ではこういうことを言うのよ。「もちろん訓練はしなくちゃいけない。だが、佐藤君が、180cmある、そして90kgある。近藤君が、180cm、90kgある。同じ90kg、同じ20歳である、同じ大学で教育を受けた。そして、佐藤君は、Aブロックで出てきた。そして、近藤君はBブロックで出てきた。そして決勝戦ではね、3日間の試合をやって、決勝戦で当たった。どこを見ても、2人ともね、ひけを取らない。しかしチャンピオンは1人しか生まれないわけ。それは何か、ていうとね。頭の相違だよ。頭の相違とは何かというと、相手の動きを読めること、そして、相手の気持ちを読むことが大事だよ。その習練がすなわち極意に繋がるものよ」ということを言うのよ。

じゃあ、どういう習練をすれば、それはできるかと。まず一番大事なのはね、本を読むことだと。本を、いい本をたくさん読んだ人と、読まない人とはね、学問、知識のあるやつはね、良識のあるやつは、どんどんね、限りなく伸びていくんだがね、本を読まないとこれは頭打ちになるよ。なぜかと言うと、心眼、心の眼が見えなくなるよ、と。通常、私たちは心眼という言葉を使う。心の眼が見えなくなるよ』

大山倍達(「武道論」より)


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。