40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
0代からの空手道 〜極真空手の巻〜 身体のメンテナンスについて
水分補給
ウォーミングアップ
クールダウン
ストレッチング
疲労と回復
 

 ウォーミングアップ

ウォーミングアップとは準備運動のことです。一般的には武道・スポーツによって起こるケガや障害の予防のため、また運動能力を最大限に発揮するために行うものです。

ウォーミングアップには、次のような目的と効果があります。

■体温と筋温の上昇

体温、特に筋肉の温度が高くなるとエネルギー供給が速くなります。また、筋収縮も早くなり関節の可動域が大きくなる効果があります。

■血流量の増加

筋肉へ運ばれる血液量が増加し、酸素や栄養素を十分に供給されるようになります。

■心拍数と呼吸数の増加

心拍数と呼吸数を高めることにより、主たる運動に必要なレベルに速やかに対応することができます。

■神経系の活性化

神経の伝達速度を高めて、反応・反射時間を短縮することができます。

関節可動域の増大

体温・筋温の上昇により筋肉や腱などを柔らかくし、関節の動く範囲を大きくします。


ウォーミングアップの方法には次のようなものがあります。

■全身運動

ジョギング、ウォーキング、自転車こぎ等


■柔軟体操

ストレッチング。

■軽運動

実際に行う武道・スポーツ種目、またはそれに近い種目で最大運動の30〜50%の軽い負荷の運動。

参考文献:「スポーツ選手のためのからだづくりの基礎知識」 等


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。