40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
ウェイト・パワーについて
ウェイトは必要か?
ウェイトはスピードが落ちる?
ウェイトをすると筋肉が硬くなる?
フリーウェイトかマシンか?
器具なしでも効果はあるのか?
 

 ウェイト・トレーニングをするとはスピードが落ちる?

「ウェイト・トレーニングをするとスピードが落ちる」というのは何か定説のようになっています。

実際はどうでしょうか?

この定説に科学的メスを入れたのが、アメリカのP・カルポヴィッチです。
1951年に次のような実験を行い成果を発表しました。
300名のウェイト・トレーニング練習者を含む600名の被験者についてスピードのテストを行ったのです。

その結果が、ウェイト・トレーニング練習者がもっともスピードが速く、次いで体育大学生、そして運動とは程遠い教育学部生という順になったのです。

この実験を皮切りに、多くの実験が行われ、その大半はウェイト・トレーニングがスピードを減殺するものではないことを支持しています。

そして今日では、アメリカのブリガム・ヤング・ユニヴァーシティのC・R・ジェンソンとA・G・フィッシャーが共著した「スポーツ・コンデショニングの科学的基礎」に記されているとおりに理解されるようになったのです。

「ウェイト・トレーニングは筋力の他にも手足の動きのスピードや筋力のコーデネーション(筋肉と神経が庁舎のとれた動きをする能力)を高めることができる」

ただし、いたずらに不必要な筋肉を肥大させた場合には、スピードが鈍ることがありますので、適切なプログラムでトレーニングすることが大切です。

参考文献:「強くなる空手55の秘密」



 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。