40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 肉体改造 筋トレ編
肉体改造 筋トレ編 リスト
 

 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 筋肉がつくメカニズム

「筋肉がつく」というのは、正しくは「筋繊維が太くなる」ということです。

「筋繊維が太くなるメカニズム」は、実にシンプルです。

筋肉は、筋トレや運動により鍛えると損傷します(筋肉痛がその例)。
その損傷から回復するときに以前よりも筋繊維が太くなります。これを「超回復」といいます。
ただし、筋繊維が太くなるためには、筋肉の原料となるタンパク質等を摂取することが絶対
必要です。
筋トレ等により筋繊維が損傷し、タンパク質等の必須栄養素を摂取することで筋繊維は
太くなる。つまり筋肉がつくのです。


簡単に言えば、筋トレをしてタンパク質を摂る。
この二つが必須事項であるわけです。


つまり、筋トレをしてもタンパク質を摂らなければ、筋肉はつかない。
タンパク質を摂っていても、筋トレ(運動)をしていなければ筋肉はつかないということです。

ただここで問題になるのが、どれだけ筋トレをすればいいのか?
やればやるほど筋肉がつくと勘違いし、毎日筋トレをする人もいますがこれは間違いです。

また、タンパク質は摂れば摂るほどいいのか、タンパク質だけ摂ればいいのか、
いつどういう形で摂るのがいいのか。

等々、筋肉をつけるには、相応の条件・理由がありますので、
別項で述べたいと思います。


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。