40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 肉体改造 筋トレ編
肉体改造 筋トレ編 リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 筋肉は1年間に1%ずつ減る

筋肉の減り方はもちろん個人差がります。
男女でも違います。
ですが、概ね30歳くらいをピークにして、徐々に筋肉は減っていくものなのです。

筋肉が減る場所は、特に大腿部、お尻、お腹、背中の筋肉の減少量が大きいです。

30歳をピークに筋肉が減り続け、70歳のときには筋肉量は20代のときの半分になってしまいます。

これは、計算すると1年間に約1%ずつ筋肉が減っていくということになります。
つまり、1年間に約1%ずつ筋肉が減るということは、40歳、50歳、60歳、70歳と10年歳を重ねるごとに10%ずつ筋肉が減ってしまうということにもなるです。

このような加齢による筋肉量の減少を、「サルコペニア(加齢性筋肉減弱症)」と言います。

筋肉は、誰でも30歳以降減っていきますが、30代頃はまだあまり自覚症状はないものですが、40代以降目に見えて体に影響を現われてきます。

40代以降、鍛えている人と鍛えていない人の差が広がっていきます。
ですから、40代以降になる前から、筋肉を減らさないように筋トレを計画的に行うことが大切です。


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。