40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
極真空手攻略ガイド
極真空手攻略ガイド リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 肉体が変形するまで鍛え武器化する

「職業や専門分野のいかんを問わず、身体的技能やパワーで勝負する世界に生き、ひたむきに打ち込み、一流とか名人とか謳われるような域に達した人物の肉体には、多かれ少なかれ部分的(局部的)な「変形」が生じるものなのではなかろうか。わたしはそうした「変形」をその人物の「勲章」だと思っている。カラテ家の指の拳頭部のタコも、柔道家の潰れた耳やガニ股も、剣道家の面ズレも、ボクサーの潰れた鼻も「勲章」である」  大山総裁

極真空手は、徒手空拳(素手素足)で相手を倒す武術です。
相手を倒すには武器が必要です。
それはテクニックであったり、パワーやスピードであったりするわけですが、肉体そのものを武器化してしまうこともその一つとなります。

極真空手家にとって、ひじから先とひざから先を徹底的に鍛え抜いて、鋼鉄のようにすることがとても重要です。

肉体の部分々を武器化する方法を「部位鍛錬」といいます。
例えば、倒す下段回し蹴りを蹴るためにスネを徹底的に鍛える、効く突きを出すために拳ダコができるまで正拳を徹底的に鍛える等々。

具体的な部位鍛錬方法は下記ページをご参照下さい。

部位鍛錬 正拳の鍛え方 拳ダコ作り
部位鍛錬 スネの鍛え方 ”鉄のスネ”にする
部位鍛錬 腕(正拳・裏拳・手刀・猿臂)の鍛え方
部位鍛錬 中足の鍛え方

この部位鍛錬は、攻め(攻撃)だけが目的で行うわけではありません。
受けにも欠かせない鍛錬法なのです。

例えば、スネを鍛えることは、多くの空手家がやっていると思いますが、それは下段回り蹴りを思いきり蹴れるようにするためですが、もう一点、スネブロックする際にもスネが鍛えられていないとブロックした方にダメージが大きくなってしまい受けになりませんので、受けの意味合いもあるわけです。

猿臂(ヒジ)も同様です。超接近戦で猿臂(ヒジ)による攻撃をすることがありますが、それ以上に猿臂(ヒジ)は受けに力を発揮する部位です。
猿臂(ヒジ)は鍛えていなくても元々硬い箇所ですが、鍛えている猿臂(ヒジ)は強烈な武器になります。
相手の前蹴りや中段回し蹴りを鍛えられた猿臂(ヒジ)でブロックすると、攻撃した相手に逆にダメージを与えることができます。
足の指にダメージを与えたり、足首が大きく腫れたり、痛みなどでその後蹴り技を出せなくなります。

このように部位鍛錬は攻防一体の肉体鍛錬法です。

ひじから先、ひざから先を、肉体が「変形」くらいまで鍛え込みましょう。

それが「勲章」となるまで。


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。