40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 自主練編【初級】
自主練 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 体幹を鍛える 1 体幹トレーニングについて


「体幹」の定義についてはまだ曖昧なところがあり、「コア」「インアーマッスル」と同義に扱われる場合もあります。多くの場合「体幹」と「コア」は同義と考えて間違いありませんが、「インアーマッスル」とは筋肉がある場所の定義になりますので、本来は別の意味になります。

体幹とは、「背骨と、それを支え動かす腹・背筋群」体幹とは、「
背骨と、それを支え動かす腹・背筋群」という定義になります。
つまり体の軸のことで、主に
腹筋・背筋周辺の部位を指します。

体幹は、あらゆる動作の基礎となる部位であり、体幹トレーニングは、スポーツ能力、格闘技能力の向上に欠かすことができないと考えられています。

体幹は、腕や脚の動作がパワー、速度を十分に発揮するための土台、動作の出発点になる部分ということになります。

空手にとって、バランスや軸は最も大切な要素です。
軸を取る、軸を崩すことが組手の要諦といって間違いないでしょう。
また軸ができていないと、突きも蹴りも強い威力を発揮することはできません。

そこで、腹筋や背筋を鍛え、体幹部分を鍛えることはとても重要です。
体幹を鍛えるトレーニングは、別名「コアトレーニング」とも言われる場合があります。

体幹を鍛えると、体の芯部から全身が使えるようになり、突きも蹴りもスムーズになり、強い威力を発揮できるようになります。

体幹を鍛える上で大切なのは、以下の3点でしょう。

1,アウターマッスル(表層筋)とインナーマッスル(深層筋)をバランス良く鍛えること
2,筋トレ(腹筋・背筋運動)と体幹トレーニングをバランス良く行う
3,体幹をしっかり固定することと、しっかり動かせるようになること


「40代からの空手道」自主練編でご紹介する体幹トレーニングは、上記3点をふまえた、体幹のインナーマッスルを鍛え、体幹部分をしっかり固定し、動かせるようになる体幹トレーニングです。


次のページへ⇒ 体幹トレーニング(コアトレーニング) レベル1


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。