40代からの空手道 極真空手の巻 レッグストレッチャーで股割り・開脚
 
 
 
 
40代からの空手道 自主練編【初級】 レッグストレッチャーで股割り・開脚
自主練 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻 レッグストレッチャーで股割り・開脚
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 40代の私はこれで股割りできた 1

「カラテには下段蹴り、中段蹴り、上段蹴り、廻し蹴り、その他の蹴り技が多いが、「股割り」が、充分に出来ないような者はまず蹴り技もダメである」  大山総裁

私は体が硬く柔軟が特に苦手でした。
中でも前屈が一番苦手で、手の指が足につくどころか、体が90度から曲がらないほどでした。

ですが強い黒帯の先輩はほとんど開脚で上半身がぺったり床についています。
体が軟らかければそれだけ技の範囲も広がりますし、なによりケガ防止にもつながりますので、
体が軟らかいことはとても重要な要素です。

大山総裁は次のようにも語っています。
『「股割り」は股関節を柔軟かつ強化するにはもっともよい動作であり、風呂場では誰はばかることなくおこなえるのだから、大いに試みるべきである。
これを風呂場でやって嬉しいのは、とにかく温熱効果や浮力効果で全身がすみずみまで柔らかくほぐれているため、ふだんよりずっと楽に出来るという点だ。』


私がオレンジ帯の頃、道場に40代後半の緑帯の先輩がいて、この先輩がとにかく体が軟らかく、開脚で上半身が床についていたのです。

そこでその先輩に質問しました。
『どうしたらそんなに軟らかくなるんですか?もともと軟らかかったんですか?』
すると、『いやあ、以前はすごく硬くてまったくつきませんでしたよ。でも毎日風呂上りに5分ずつ柔軟をするようにしたら軟らかくなりました。毎日5分、1年間やったらいいですよ』と笑顔で答えてくれました。

この言葉を励みに私も股割りにチャレンジすることにしたのです。


次のページへ⇒ 誰でもできるようになる股割りの強い味方


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。