40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 自主練編【初級】
自主練 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 上半身パワー強化 2 ウェイト・トレーニングについて

「技は力の内にあり」 大山総裁

「ウェイトトレーニングをやっていい。まず力をつけろ。筋肉をつけることが一番大事だ。
ただ人間、太ってくるときはお腹が出てくる。お腹が出てはだめだ。
だから、腹筋と逆腹筋(背筋)をやって、お腹が出ないようにしながら、筋肉をつけることだ。
力のないカラテは蠅(ハエ)の喧嘩(ケンカ)だ。
蠅はいくら素晴らしく跳んでも蠅だ。
カラテはあくまで”一撃必殺””一足必殺”でなくていけない。
一回叩いたら、一回蹴ったら、かならず相手が倒れるのがカラテだ。
力をつけなさい 」 大山総裁


「私は、ウェイトトレーニングは空手にとって不可欠だと思っています。大事なのは、ウェイトトレーニング自体が空手の動作なりに直結したものであるべきだということです」 松井館長(極真第4回世界チャンピオン)

「試合に出場するようになれば、当然、パワーや体重といった物理的なものも必要になってくると思います。そういった意味では、効果に結びつけやすいウェイトトレーニングは絶対に必要になってきます。補強で練る、ウェイトトレーニングで鍛えると考えて、目的をはっきりさせてバランスよく取り組むのがいいと思います」 木山師範(極真第8回世界チャンピオン)



フルコン空手において、パワーは必要不可欠な最重要要素の一つです。
突きや蹴りの威力はもちろんのこと、相手の圧力に負けない底力が必要だからです。

そこで、上半身のパワーをつける自主練〈ウェイト・トレーニング〉についてみていきます。

空手を護身術ととらえるならテクニックだけで構いませんが、フルコン空手は直接打撃制という競技の中で戦います。その中で「パワー」は絶対に必要になってくるのです。
また実戦を重んじるならなおのこと、パワーは必要になるのです。

管理人は、身長は175cm弱、体重は70kg弱です。
極真は原則体重無差別です。試合では体重別もありますが、道場稽古のスパーでは無差別です。
ですから90kg以上の人とも組手をやることがあるわけですが、体重差が20kgもあるとその圧力は相当なものです。こちらもその圧力に負けないパワーはどうしても必要になってきます。
突き一発で大きくバランスを崩される、蹴り一発で大きく吹っ飛ばされる、相手の圧力にどうしても押し込まれる、こういう事態はなるべく避けなければいけません。
それにはこちらもパワーをつけて、圧力に負けずにはね返すくらいの筋肉の鎧が必要になるのです。

大山総裁の言葉に、『技は力の内にあり』『力のないカラテは蠅の喧嘩だ』など、パワーの重要性についての語録が数多く残っています。

本格的にウェイト・トレーニングをするなら、ジムに通うのがベストです。
ですが、中高年の皆さんはそこまでする必要はないでしょう。
仕事もあり、家庭もあり、道場に通い、その上でジムにも通うというのは体力的にも精神的にも、そして金銭的にも無理があると思います。

ちなみに管理人は、一度もジムに行ったことはありません。
もっと言えば、バーベルは持っていませんし、バーベルでのウェイト・トレーニングをしたこともありません。

管理人が使っているのは、25kg×2個セット(現在はプレートを足して使っています)のダンベルです。

中高年が自宅で行う自主練でのウェイト・トレーニングは、2個のダンベルで十分。もっと言えばバーベルよりダンベルのほうが自主練に適している、というのが「40代からの空手道」の結論です。

ダンベルがバーベルより自主練に向いている理由については、BODY MAKER(ボディメーカー)の公式サイトの「DAMBBELLの選び方」をご参照頂きたいと思いますが、

1,省スペースでトレーニングできる
2,さまざまな部位が鍛えられる
3,運動範囲が大きくとれる
4,負荷調節がやりやすい

以上の4点で、自主練にはダンベルが向いています。
中でも、運動時・収納時ともに場所をとらないことと、バーベルより運動範囲が大きくとれるため効率よく筋肉を鍛えることができる点が大きいでしょう。

管理人・左近ジムに通わず自宅の自主練のみ、それもダンベルだけで本当に筋肉がつくのだろうか?
疑問と不安を持たれる中高年の人もいるかもしれません。
管理人は自分の体で実験しましたので『つきます』と断言できます。

40歳から肉体改造を開始した私自身、腹だけ大きくせり出した完全なメタボ体型が、みるみる変わっていくことに驚かされました。
そして1年後には腹は引っ込み、完全な逆三角形になっていました。右写真は肉体改造開始数ヵ月後、41歳の時のものです。

40代からでも、ダンベルのみでの自主練で十分な効果が出ますので、自信を持って取り組んで頂きたいと思います。

筋肉がついていき、パワーアップすると、自分に自信がついていきます。
そのメンタル面の自信もパワーアップの大きな利点の一つです。

フルコン空手家にとって、パワーは絶対必要不可欠な要素です。

2ページ目へ⇒ウェイト・トレーニングのやり方
3ページ目へ⇒ダンベルの選び方


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。