40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 自主練編【初級】
自主練 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 スタミナ養成 1 縄跳び(ロープ・スキッピング) 1-2

そこでどんなロープを選べはいいのか?
まず、100円ショップに売っているような、軽いロープはやめましょう。
重いロープを選びましょう。

おすすめは、ウイニング製のヘビーロープです。
プロボクサーの多くが使っているのが、このプロ仕様のロープです。

ウイニング製のヘビーロープ

ウイニング Winning ボクシング ヘビーロープ F-66 スキップロープ 飛び縄)

このヘビーロープの特徴は、長さの調整が可能なこと、ハンドル部分にベアリングが入っているので、
回転が滑らかで安定すること、そして重量が400gと重いので、スタミナを養成しながら、手首と腕の
パワーアップができるという点です。

400gはちょっと重すぎると思う人は、200gのボディメーカー製のウェイトジャンプロープがいいでしょう。初心者はこちらのほうがいいかもしれません。

ウェイトジャンプロープ2

ウエイトジャンプロープ 10WJP


ボクサーの縄跳びは短縄跳びですから、最初は長めで始め、慣れてきたらロープを短くしていきましょう。

跳び方には色々種類がありますが、私は脚を前後に交互にステップさせる方法で行っています。

元々リズム感があまりないほうなので、最初の頃はつかえてばかりで上手く跳べませんでしたが、
段々と上手く跳べるようになりました。

縄跳びを上手く跳べるようになるとリズム感がよくなり、空手の組手にもステップやタイミングの取り方
などに、いい影響としてあらわれていると思っています。




▲0:55頃から プロボクサーのロープスキッピングです。
とても参考になりますので是非ご覧下さい。

スタミナ養成1 縄跳び(ロープ・スキッピング) トップに戻る


・スタミナ養成 2 サンドバッグ打ち
・スタミナ養成 3 室内サーキット・トレーニング
・スタミナ養成 4 心肺機能の鍛え方
・スタミナ養成 5 ストロー呼吸トレーニング


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。