40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
ゴッドハンド 語録
ゴッドハンド語録 リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。

ゴッドハンド 大山倍達 語録・名言集

 ゴッドハンド語録 vol.20

カラテに強くなる上で、技と力と速さが必要

『私が全盛期の頃は、午前中は力をつける稽古、午後は速さをつける稽古をやった。
武道の極意の中に「技は力のうち」という言葉がある。いくら技があっても力がないと、その威力は出てこない。価値がない。同時に、いくら力があっても遅ければだめです。やはり速くなければ効果がない。速さということも、非常に大切です。
〜中略〜
速さと力があれば、技は自然についてくるものです。だから、はじめのうちは力と速さだけをつける練習をすればいいのだが、それだけでは長続きしない。やはりカラテを習う以上、カラテの技を覚えたい、そういうものです。』

大山倍達(1993年1月5日 極真会館冬季合宿年頭講話より)



 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。