40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
ゴッドハンド 語録
ゴッドハンド語録 リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。

ゴッドハンド 大山倍達 語録・名言集

 ゴッドハンド語録 vol.17

金も女も名もいらぬ、という人間になってみよ

『人間じゃ相手にならん、だから私は先生を飛び越えるためにスペインへ行き、牛とやると言ってみろと。
師に対して孝行したいという気持ちがあるならば、お金を持ってくるのも一つの孝行かもしれないが、私の記録を破れ。
プロレスラーと試合をして、レスラーを担架に乗せろよ。
牛と戦って角を折れ、角が折れなかったら足を蹴って足を折れ。
盧山(初雄)の下段廻し蹴りの威力を筑波大学で計ったら、1,000キロ以上あった。
1,000キロあれば、牛の足は折れるよ。下段廻し蹴りで折れたら、これは痛快じゃないか。
そうすれば大変だ。トラックで運ぶほどのお金が集まるよ。女性も寄ってくるよ。ただ、そうなるには条件がある。
俺は金も女も名もいらぬ、というふうにならなくちゃだめだ。そういう人間は始末に困るが、しかし、本当に大きいことができる』

大山倍達(雑誌「ゴング格闘技」インタビューより)


※参考

幕末の剣豪・山岡鉄舟を評した西郷隆盛の言葉。

「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。