40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 道場編【初級】
道場編 [初級] リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 初級者(白帯・オレンジ帯・青帯)は稽古後の道場清掃を率先してやろう


道場には、常設道場と体育館などを借りて行う道場と2種類あります。
そのどちらでも、道場稽古が終了すると、全員で道場清掃をします。

ほうきやモップなどによる掃き掃除のみの道場が多いですが、雑巾で拭き掃除をする道場もあります。
初級者(白帯・オレンジ帯・青帯)は、稽古が終了したら率先して清掃を始めましょう。

道場では年齢は関係ありません。
40代でも50代でも、会社では社長であったとしても一切関係ありません。
まず初級者(白帯・オレンジ帯・青帯)が清掃を始めるのが、暗黙の了解になっています。
誰かに言われる前に動きましょう。

「ただ空手の技術だけ向上すればいい。」これは武道ではありません。
武道は「礼に始まり礼に終わる」のが基本理念です。
空手の稽古のために使わせて頂いた道場へ、感謝の気持ちを込めて道場清掃する。
これも武道の「礼」。武道修行の一環です。

我々中高年は社会人として、子どもたちや若い人達の見本にならなければいけません。
そうでなければ武道をしている意味がなくなります。
そういう意味でも稽古後の道場清掃は大切なことです。

率先して道場清掃を行いましょう。


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。