40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
40代からの空手道 肉体改造 ダイエット編
肉体改造 ダイエット編 リスト
 

40代からの空手道 極真空手の巻
当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。何卒ご了承ください。各自自己責任で行って下さい。


 リバウンド防止のコツ 1

ダイエットに成功したものの、わずか数ヶ月でリバウンドしてしまった方や、ひどい方になるとダイエット前より体重が増えてしまう方すらいます。

こういう【リバウンド族】が驚くほど大勢います。
せっかくダイエットしても、リバウンドしてしまえば何の意味もありません。
そこでダイエットに成功した方向けに、リバウンド防止のコツをご紹介させて頂きます。

リバウンドしないためには、大きくいうと【2つのポイント】があります。
この2つのポイントは、絶対に必要なリバウンド防止の要諦です。

そしてそれに加え、【2つの日常のちょっとした工夫】をすることをおすすめいたいと思います。
ポイントは以下の4つです。

・筋肉
・食事
・体重計
・鏡


順に見ていきます。

 1,筋肉を減らさない

代謝がよくなり、脂肪が燃焼しやすい体になり、結果、太りにくい体になるために最も重要なのは「筋肉」です。

人間の体のエネルギー消費の6割が基礎代謝によるもので、その基礎代謝の6割が筋肉によるものだからです。

つまりエネルギー消費の約4割が「筋肉」によるものなのです。

ですから、健康的にダイエットしたいなら、筋肉を増やしながら有酸素運動をすることが効果的で、ダイエットに成功しリバウンドしないようにするためには、増やした筋肉を減らさないようにすることがポイントになるのです。

ダイエット成功後、筋トレをしなくなり、食事もダイエット前の量に戻してしまうと、筋肉は徐々に減っていきますから、当然基礎代謝が落ちていきます。
それなのに、食事量は増えている。
体重の増減は「足し算引き算」ですから、−が減って+が増える。
その結果は「リバウンド」です。

リバウンド対策の最重要事項は、筋肉を減らさないことです。 

 2,食事量を増やさない

リバウンドする人の99.9%は、食事量が増えています。

ダイエット中は「腹八分目」が大切です。

これは何もダイエットに限ったことではありません。
「腹八分目に医者いらず」と昔から言われている通り、「腹八分目」の食事は、健康な生活をおくるための要諦の一つです。

ダイエット中は食事量を控えますが、ダイエットに成功すると気が緩んでしまってか、食事量を元に戻してしまいがちです。

さらに、ダイエット中の食事量セーブがストレスになって、ダイエット成功後にその反動で好きなものを食べ過ぎ、結果リバウンドするという人が大勢います。

基礎代謝が落ちている中年にとって、食べ過ぎは厳禁です。
ダイエット中だけでなく、ダイエットが成功した後も「腹八分目」を続けるように心がけましょう。


>>リバウンド防止のコツ 2



 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。