40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
0代からの空手道 〜極真空手の巻〜 身体のメンテナンスについて
水分補給
ウォーミングアップ
クールダウン
ストレッチング
疲労と回復
 

 疲労と回復

激しい活動をともなう武道、スポーツでは、疲労は避けられません。また、運動によって起こる疲労を回復させることで、トレーニングの効果が上がるといわれています。運動を続けていると力が弱くなったり、スピードが落ちたり、集中力がなくなったりします。これが運動によって起こる疲労です。

疲労の回復方法

■積極的休養

休養には積極的休養と消極的休養があります。積極的休養とは、軽い運動などを行うことによって疲労を回復させることです。運動で生じる疲労は、消極的休養よりも積極的休養のほうが早く回復します。激しい運動後は、軽いジョギングやウォーキング、ゆったりとしたスイミング等の有酸素運動で、酸素を多く取り入れることが疲労回復には有効です。

■睡眠

運動が激しくなればなるほど、睡眠時間を長くする必要があります。睡眠中は成長ホルモンが筋中に多く出るので、筋レベルの向上・筋の修復にも効果的です。したがって、より質の高い睡眠は、筋肉の発達や筋疲労の回復にも効果を高めます。

■栄養補給

規則正しく栄養を摂取することが、疲労の予防や軽減になります。スポーツ選手が、三大栄養素はもちろん、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することは、疲労の防止や軽減だけでなく、ケガの予防やパフォーマンス向上にも関与します。三大栄養素の炭水化物は疲労感・空腹感を解消し、タンパク質は運動性貧血を予防し、慢性疲労の回復によいといわれています。また、発汗によって失われたナトリウムやカルシウムなどの補給、ミネラル分やビタミン類の補給も疲労回復のためには必要です。水分の不足も疲労を起こす原因となるので、水分補給も必要不可欠です。


■入浴

入浴は温熱刺激によって全身の血行を促進します。血液の循環がよくなることによって、代謝産物を排除し、筋肉の緊張を緩和し、疲労の回復を早めます。お湯の温度は40℃前後であまり熱くない程度が、疲労物質に効果があるといわれています。

■マッサージ

マッサージの圧刺激は筋肉の硬化をほぐし、皮膚の血管が刺激されることによって血液やリンパ液の循環を促し、代謝産物が排除されるため、筋肉の疲労回復を早める効果があります。また、マッサージは入浴後に行うと血行がさらによくなるので効果的です。

参考文献:「スポーツ選手のためのからだづくりの基礎知識」 等


 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。