AD>
  40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 
空手の基礎知識
空手の発祥・歴史
伝統派とフルコン派の違い
大山倍達と極真
極真諸流
空手用語
 

 大山倍達と極真

極真会館(きょくしんかいかん)は、大山倍達が創始した空手団体。
正式名称は国際空手道連盟 極真会館(こくさいからてどうれんめい きょくしんかいかん)です。
前身は日本空手道極真会 大山道場。極真の由来は「千日を以って初心とし、万日を以って極とす」という言葉の“心”を“真”に変え、名称としました。

1964年(昭和39年)4月に財団法人極真奨学会を冠し、会長に佐藤栄作(当時国務大臣)、副会長に毛利松平(当時衆議院議員)を迎え、国際空手道連盟極真会館が設立されました。館長(後に総裁)に大山倍達が就任。同年6月に東京都豊島区西池袋に総本部が竣工。伝統派空手に対し、極真会館は対戦相手に技をそのまま相手に当てる、直接打撃制(フルコンタクト空手)の提唱と啓蒙を行い、年1回のオープントーナメント全日本空手道選手権大会と、4年に1回のオープントーナメント全世界空手道選手権大会を開催してきました。

空手についての基礎知識 トップに戻る



 

40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。