40代からの空手道 極真空手の巻 空手本
 
 
 
極真本
極真本リストに戻る

 

極真本・書籍


バキ外伝 拳刃 1  板垣恵介、宮谷拳豪/秋田書店
バキ外伝 拳刃 1
〈目次〉第1話:仇討、第2話:剣鬼無残、第3話:虎殺し、第4話:光明一閃、第5話:代打ち
〈内容〉
板垣恵介氏の漫画「グラップラー刃牙」のスピンオフです。
バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス)

〈管理人・左近 book review〉 

板垣恵介氏の漫画「グラップラー刃牙」のスピンオフ「バキ外伝 拳刃 1」。
主人公は愚地独歩(おろちどっぽ)。
愚地独歩は、大山倍達総裁がモデルになっています。

本屋でふと目に留まった表紙の絵にグッと惹き込まれ購入しました。
完全な「ジャケ買い」です。

バキ外伝 拳刃 1 板垣恵介
▲表紙のイラストはこの写真が元ネタでしょう。

ちなみに「グラップラー刃牙」シリーズは一切読んだことはありません。
少しだけ読んだときに、内容がかなりエグくて私の好みではなかったからです。
「バキ外伝 拳刃 1」ですが、やっぱりかなりエグかったです。
主人公・愚地独歩は、大山総裁がモデルということですが、この漫画から大山総裁を感じるのは、木村政彦氏とのエピソードと、牛殺しのエピソードが形を変えて表現されているところです。

絵に迫力があります。
空手の描写というより、喧嘩の描写がほとんどなので、空手的な内容を期待しているなら期待外れになるでしょう。
空手漫画ではなくストリートファイト、喧嘩漫画です。



40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。