40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 


空手研究メモ トップ

 



   花粉症が治った話

2015年3月20日

花粉症シーズン真っ只中。
今、花粉症で苦しんでいる人は大勢いるでしょう。
データによると、日本では推定3,000万人以上、つまり国民の4人に1人がスギ花粉症といわれています。

そこで、空手とは直接関係ないことですが、参考になる方がいるかもしれませんので書かせて頂きます。

私は昔からずっと酷い花粉症でした。
初めて発症したのが20歳の時で、本当に驚きました。
何故なら、春のある日突然、水のようなサラサラの鼻水がどんどん流れ出るようになったからです。
『これが花粉症か!?』
本当に驚いたことを覚えています。

それから毎年春は花粉症との闘いでした。
症状はその年によって全く違いました。
ある年は鼻水が水のように流れ、常にティッシュを鼻につめていないと止まらない状態。
そしてある年は鼻が完全につまってしまって鼻呼吸が全くできない状態。 等々。

20年以上、花粉症に悩まされてきました。
それが昨年、ピタッと花粉症の症状がなくなったのです。

昨年思ったのは、「2014年は花粉の飛散量が少ないからなのか」ということでした。
そして今年2015年、今年は昨年の2倍の花粉の飛散量があると事前から知っていたので、覚悟していたのですが、今日現在(3/20)全く大丈夫。

あれほど酷かった花粉症が、花粉が飛散し始めた初日に目鼻が少しむず痒かっただけでそれ以後は全然大丈夫なのです。
例年はこの時期は外出する際は、眼鏡としてマスクをしていました。
それでも目鼻はもの凄く痒く、くしゃみ、鼻水は止まらない状態で、ティッシュの消費量がとても多かったですし、用事さえなければ極力外出せず、窓もこの時期はほとんど開けないようにしていました。

ですが、昨年、そして今年は全然大丈夫なので、マスクなしで外出しますし、暖かい日は日中家の窓を何時間も開けっ放しにしていてもなんともありません。
考えられない変化です。

何故なんでしょうか?
私は薬嫌いなので、薬は一切飲みません。
ですから、花粉症対策の塗り薬・飲み薬、その他花粉症対策グッズ、花粉症に良いという食品を食べる飲むという対策も一切していないのです。

そこで考えたのが、2013年までと2014・2015年で何か変わったことはあるか?
それが一つだけありました。
それは、私は40歳の頃に10数kgのダイエットに成功したのですが、その後はあまり体型を気にせずにしたら、2011年頃から少しずつ体重が増えていき、2012年頃にはダイエット後より6・7kg太っていました。
その結果、少しお腹が出ていたのです。

そこで2013年の後半に再びダイエットをすることにして、再度ダイエットに成功しました。
体脂肪率は約10%落ちました。
そして、それから体脂肪率を増やさないように今日までずっとコントロールしています。
現在の体脂肪率は13%程度、これをずっとキープしています。
腹筋は割れています。

そして、このダイエットをする際に、筋トレをメインにして筋肉量を増やしました。
それが功を奏したのかもしれません。
何故なら、専門家によると、「筋肉の量が増えると体温が上がるため免疫力アップにつながり、アレルギー反応の発症を抑えることができる」のだそうです。

そしてもう一つ注意したことがあります。
それは、食事です。
何を変えたかということ、糖質をかなり減らしたということです。

私は、もの凄い甘党で、1年365日、一日も欠かさず毎日スイーツを食べていました。
ケーキなどの洋菓子やチョコレートが一番好きで、和菓子ももちろん、こういう甘いものを昼食と夕食の間の間食、夕食後の間食で毎日食べていたのです。
この何十年も続けてきた食習慣を止めたのです。
ただし、100%止めたわけではなく、休みの日などには今まで通り甘いものを食べて、ストレスをためないようにしています。

それと、ご飯、ラーメン、そば、うどん、パスタなどの炭水化物も大好き。
ですから、ご飯にラーメン、うどんにご飯などの「炭水化物×炭水化物」も当たり前のようにしていました。
これは完全に止めました。
さらに夕食の炭水化物の量を減らしました。
今まで、糖質を摂り過ぎていました。
完全に「糖質過多」だったのを改善したのです。

トレーニングとしては、空手の道場稽古以外に筋トレをして、食事は糖質を大幅に減らした。
そして、体脂肪率をずっと低い数値でキープするようにして、設定数値より増えたら、トレーニングや食事内容をコントロールして、元に戻すという生活を送っています。
ある意味、アスリートのような感じです。

以上のことを2013年の下半期から続けた結果、あくまでも推測ですが、おそらく体質そのものが変わったのはないでしょうか。

長年悩まされてきた花粉症が治ったことで、この時期仕事に集中できるようになりましたし、空手の稽古、自主練も思い切りできるようになりました。
例年ならこの時期はグラウンドに走りに行くことも全くできませんでしたが、今年はグラウンドで1時間自主練してもなんともありません。
スギの木の近くに行ってもなんともないのです。

この変化は私にとっては本当に大きいです。
私は医者ではないので、花粉症と自分がしたことの因果関係は分かりませんが、体型管理をするようになった2014年から花粉症が治ったというのは紛れもない事実なので、今後も体型管理を続けていこうと思います。

空手をする上で、例年2〜4月は花粉症で停滞していたのが解消されました!


以上、花粉症で悩む方達の参考に少しでもなれば幸いです。



 


40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。