40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 


空手研究メモ トップ

 



   2014年の自分自身の空手の総括

2014年12月26日

本年も「40代からの空手道〜極真空手の巻〜」をご覧頂きありがとうございました。

空手に関して、私自身の今年1年を振り返ってみたいと思います。
今年の正月に5つの目標を立てました。
その5つについて見ていきます。


>1,基礎体力の向上

今年も自主練に積極的に取り組むことができましたので、基礎体力は向上したと思います。
実際、数値も上がっているので、基礎体力が上がっているのは間違いありません。
私は年齢を言い訳にするのは嫌なので、基礎体力は今後も重要視してその向上に取り組もうと思っています。


>2,体を柔らかくする

今年1年でまた少し柔らかくなったと思います。
ただ、まだまだ不十分です。
止めれば硬くなりますので、柔軟は継続することが何より大事です。


>3,部位鍛錬を毎日する

これは反省しかありません。
1年間続けようと思ったのですが、1ヶ月ももたないうちに、有耶無耶になってしまいました。
部位鍛錬に関しては、ほとんど向上していません。


>4,合わせ技の習得

組手時に「合わせ技」を頭に置いて取り組んでいますが、まだまだ全然です。
ディフェンス技術はかなり向上しているので、合わせ技が自分のものになれば、自分が目指す空手の完成に近づきます。


>5,自分の空手スタイルの完成

この点は現時点で目指すところの30%程度でしょうか。
ですが、確実に近づいています。
間違いなく、今年の1月1日時の自分と12月26日の今日の自分とでは、全てにおいてレベルアップしているのが分かります。



今年1年通して週2〜3回の道場稽古と自主練をやり続けることができました。
まあまあ満足いく空手生活を送ることができたと思います。
来年も引き続き空手の修行に励みたいと思います。



来年も引き続きよろしくお願い致します。

それでは、よいお年を。


 


40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。