40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 


空手研究メモ トップ

 



   壮年空手家は小さなことの積み重ねが重要

20127月11日

私達壮年空手家は、階段を一段一段のぼるように努力することが大切です。
決して無理して二段ずつのぼろうとしてはいけません。

空手の技術もそうですが、基礎体力強化も無理せずに少しずつやっていくことが肝要です。

そこで道場稽古や自宅での自主練以外に、日々の生活で小さなことを積み重ねることも一つの方法だと思います。

私が個人的にやっていることを幾つかご紹介します。

・歩くときにつま先立ち歩きをする
・電車では座らずに立っている
・低層階ビルなどではエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う
・開脚などの柔軟をしながら読書やテレビを観ている


こういう小さなことを何気なくやっているだけで、知らず知らず基礎体力が付いていくものです。

柔軟などは結果ははっきり出ますので特にオススメです。

当サイトに何度か書いていますが、以前の私は本当に体が硬く困っていたのですが、今では開脚で胸がピッタリ床に付きます。
これは、毎日コツコツ柔軟をやった結果です。
これがもし、無理して柔軟をやっていたら筋を痛めていたかもしれません。ですが、コツコツやっていったことで今では自分でも驚くほど体が柔らかくなっています。

パワーでもスタミナでも、小さな努力を重ねていくことで必ず向上できます。

これからどんどん暑くなりますし、無理せずがんばりましょう!


 


40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。