40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 


空手研究メモ トップ

 



   壮年の肉体改造について

201210月10日

壮年空手家の皆さんの中には、ポッコリお腹、メタボ体型をなんとかしたい、肉体改造したいと思っている方も多いでしょう。

かく言う私がそうでした。
自己紹介ページに詳述していますが、40歳になったとき、メタボ体型に嫌気がさし、一念発起しダイエット&筋トレを始め16kgの減量に成功し、あわせて極真会館に再入門しました。

ではどうすれば、肉体改造に成功するのか?

ダイエットや肉体改造に関して間違った認識をしている方が多いので、ポイントを幾つか挙げておきたいと思います。

メタボ体型から逆三角形の筋肉質の体型に肉体改造するには順序が大切です。
まず余分な脂肪を落とすこと、 つまりダイエットをして痩せる、これが第一段階です。
その後第二段階として、筋肉をしっかりつけていく筋トレをするというのが、おすすめの方法です。
(※ダイエット段階でも筋トレはします)

ダイエットに関しての間違いについて。
絶対にやめてほしいダイエット方法は、過度な食事制限によるダイエットです。
この方法は確かに体重を減らすことができますが、脂肪が減ると同時に筋肉も減ってしまいますので、リバウンドしてしまう典型的な間違ったダイエット方法です。
特に私達空手家にとっては、筋肉が減るというのは本末転倒、言語道断ですから、絶対ダメです。
ただし例外として、食べ過ぎ、暴飲暴食が原因でメタボになっている方は、当然食事量を減らす必要があるのはもちろんです。

もう一つ、ダイエットには有酸素運動が一番と思って、ウォーキングなどの有酸素運動のみをやっている方も多いと思いますが、確かに有酸素運動は脂肪燃焼に有効なのですが、ウォーキングを1時間やったとしてもカロリー消費はたったの150キロカロリーしかありません。
これはご飯お茶碗たったの1杯分、食パンならたったの1枚しかカロリーを消費しないのです。
つまり、有酸素運動のみのダイエットは効率的ではないということです。
実は、1日のトータルのエネルギー消費量が多いのは、運動時ではなく安静時なので、筋肉が多いほうが安静時にエネルギー消費してくれるので、いかに筋肉を増やすかということがダイエットのポイントになるのです。

次に筋トレに関しての間違いについて。
もう歳だからいまからでは筋肉がつかないだろう・・・」
大間違いです。
実験結果から、90歳、100歳という超高齢者でも、筋トレにより筋肉が大きくなることが実証されています。つまり、筋肉をつけることに年齢は関係ありません。
ましてや、40代、50代なら、正しい筋トレで筋骨隆々になることは十分可能なのです。

ジムに通うプロテインを飲む
筋肉をつけるにはこの2つは必須と思っている方もいるようですが、必要ありません。
もちろん、ジムに通いトレーナーの指導にそってやったり、プロテインを飲んだほうがより効果的なのは間違いありませんが、ジムに通わなくても、プロテインを飲まなくても肉体改造はできます。

非常に多くの方が、ダイエットや筋トレ・肉体改造に関して間違った認識をしているために、踏み出せなかったり、うまくいかないケースが多いと思います。

ダイエットも肉体改造も正しい知識をもって、正しい方法で実践すれば必ず成功します。

今現在、メタボで不格好な体型だとしても、数か月で体型を変えることは可能です。
体型が変わるとすごく自信が出てきますし、空手にもよい影響が出ます。

鏡を見て、肉体改造をしたいと思った方は、是非チャレンジしてみて下さい。


 


40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。