40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 


空手研究メモ トップ

 



   謹賀新年 今年の3つの目標

20111月4日

新年明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。

さて今年2012年も例年通り1年の空手の目標を立てました。
「一年の計は元旦にあり」です。

1,体を軟らかくする

これは昨年も目標にしたことで、1年でさらに軟らかくなりました。
ただ自分の中の理想のイメージを100とすると、まだ85くらいなのでもう1年続行します。

私が理想にしているのは「ダンサー」です。
『それは無理でしょう・・・』
という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません!
無理と思った時点で終わりです。

私は30代までは本当に体が硬く、股割りでも上体が10度くらいしか前に倒せませんでしたが、今は胸が床にぴったり着くまでになりました。
つまり40代からでも筋力がつくように、体も軟らかくなるのです。
問題は「やるかやらないか」さらに「やり続けるか」です。

2,体幹を強くする

上半身と下半身、アウターマッスルとインナーマッスル、大きい筋肉と小さい筋肉、体全体のバランスが今一つというのが今の自己評価で、その鍵を握る体幹部をより鍛えようと思っています。

3,型を血肉にする

昔から型を覚えるのが苦手です。
「太極」や「平安」「安三」などの初歩的な型は問題ありません。
さらに日頃の自主練で繰り返し行っている「三戦」は体にしみ込んでいると思います。
ですが、それ以外の多くの型が、昇段級審査前はしっかり覚えるのですが、終わるととたんにおぼろげになってしまって今に至ります。
今年は型をしっかりと自分の血肉になるようにと思っています。

今年も1年、楽しみながら自分に厳しく精進していきます。
壮年空手家の皆さん、お互い成長していきましょう!


※最後になりますが、真樹日佐夫師範のご冥福をお祈り申し上げます。


 


40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。