40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 


空手研究メモ トップ

 



   私の参考書 vol,1 上段回し蹴り 「大石代悟 練達への道」

201112月12日

私の空手修行の参考書にしている書籍(DVD含む)を、何回かにわけてご紹介します。
まず第1回目は、私が得意にしている上段回し蹴りの参考書です。

月刊フルコンタクトKARATE別冊 「大石代悟 練達への道」

月刊フルコンタクトKARATE別冊 「大石代悟 練達への道」

極真空手 大石代悟 練達への道 (月刊フルコンタクトKARATE4月号別冊)


私が上段回し蹴りの先生と思っているのが、成嶋竜師範と大石代悟師範です(直接指導を受けたことはありません)。

特に大石師範は、還暦を過ぎてもなおその流麗な上段回し蹴りにみじんも衰えを見せない、正に壮年空手家のお手本のような空手家だと思います。

月刊フルコンタクトKARATE別冊 「大石代悟 練達への道」は、フルコン空手の上段回し蹴りのバイブルと言って差し支えない内容です。

私は上段回し蹴りのトレーニングは、本書を参考にずっとやってきました。

ストレッチ、稽古方法、フォーム、コンビネーションなど、上段回し蹴りが上達するための基礎的なことから、組手での応用まで幅広く学ぶことができます。

ただ残念なことに、本書は、雑誌・月刊フルコンタクトKARATE2008年4月号の別冊で、すでに出版社にも在庫はないようですから、入手するなら古書店しかありません。

もし、BOOK-OFFなどの古書店で見かけたら、是非ご購入下さい。
200〜500円程度で購入できるでしょう。

壮年空手家で、上段回し蹴りをマスターしたい方に本書を推薦します。


 


40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。