40代からの空手道 極真空手の巻
 
 
 


空手研究メモ トップ

 

   チャレンジ・スピリットは尊い

2010112

10月は、極真会館所属、極真出身の選手が大活躍でした。

残念ながら世界チャンプのテイシェイラ選手は、K-1GPでピーター・アーツ選手に判定負けでした。また同日、佐藤匠選手も負けましたが、相手はあのハリトーノフ選手ですから、仕方ないですね。なんといっても、セーム・シュルト、アリスター・オーフレイム選手にTKOで勝っている選手ですから。
渡辺選手も残念でした。

それ以外の選手は勝っていますから、5勝3敗というところでしょうか。
勝ち負けも大事ですが、チャレンジすることこそに意義がある。

極真軽量級絶対王者の鈴木雄三選手がキック・デビューし、快勝したのは朗報。
今後に期待大ですね!

---------------------------------------------------------------- 

☆鈴木雄三(極真会館)

第4回全世界ウェイト制軽量級優勝
全日本ウェイト制軽・中量級4連覇

【Krush】 2010年10月31日(日)東京・新宿FACE

▼第1試合 60kg FIGHT K-1ルール 3分3R
鈴木雄三(極真会館/2009年全世界ウェイト制軽量級優勝・全日本ウェイト制4連覇)
※プロデビュー戦
KO 2R2分6秒 ※3ノックダウン
●中野祐基(練正館)



格闘技ウェブマガジンGBRより転載

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1031_krush.htm

----------------------------------------------------------------

☆菊野克紀

高校卒業後、極真会館鹿児島支部に入門、内弟子出身。
全九州・全関西無差別級優勝
全日本大会中量級ベスト16

【DEEP】 2010年10月24日(日)東京・JCBホール

▼メインイベント(第14試合) DEEPライト級タイトルマッチ 70.3kg以下契約 5分3R
菊野克紀(ALLIANCE/王者)
判定4-1
●帯谷信弘(木口道場/挑戦者)
※菊野が初防衛に成功。



格闘技ウェブマガジンGBRより転載

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1024_deep.htm

----------------------------------------------------------------

☆長南亮

高校時代に極真空手山形支部田畑道場に入門。
県大会3位

【DEEP】 2010年10月24日(日)東京・JCBホール

▼第8試合 日本VS韓国対抗戦 77.1kg以下契約 5分3R
長南亮(TeamM.A.D)
TKO 3R2分57秒 ※レフェリーストップ
●ムン・ジュンヒ(韓国/パラエストラ・デグー)

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1024_deep_03.htm

----------------------------------------------------------------

☆野地竜太

第7回全世界大会7位
第30回全日本大会4位

【DEEP】 2010年10月24日(日)東京・JCBホール

▼第3試合 93kg以下契約 5分2R
野地竜太(TEAM GARO)
TKO 1R1分33秒 ※レフェリーストップ
●長尾浩志(infection.G.C)

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1024_deep_04.htm

----------------------------------------------------------------

☆渡辺理想(極真会館)

全日本ウェイト制中量級2位

【RISE 71】 2010年10月3日(日)東京・後楽園ホール

▼セミファイナル(第10試合) 初代RISEライト級(-63.0kg)王者決定戦 準決勝 3分3R延長1R
○吉本光志(ヌンサヤーム/初代RISEスーパーライト級王者)
判定2−0 ※29−28、29−29、29−28
渡辺理想(極真会館/同級3位)
※吉本が決勝戦へ進出。

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1003_rise.htm


----------------------------------------------------------------

☆アンドリュース・ナカハラ(極真会館)

第3回全世界ウェイト制中量級優勝

【K-1】 2010年10月3日(日)韓国・オリンピック第1体育館

▼第6試合 スーパーファイト DREAMルール 76kg契約 1R10分・2R5分
アンドリュース・ナカハラ(ブラジル/極真会館)
判定3−0
●ムン・ジュンヒ(韓国/パラエストラテグ)

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1003_k-1max.htm

----------------------------------------------------------------

☆エヴェルトン・テイシェイラ(極真会館)

第9回全世界大会優勝

【K-1】 2010年10月2日(土・現地時間)韓国・ソウル オリンピック第1体育館

▼第7試合 FINAL16 K-1ルール 3分3R延長2R
○ピーター・アーツ(オランダ/チームアーツ/K-1 WORLD GP 1994・1995・1998優勝)※推薦
延長R 判定2−1 ※10−9、9−10、10−9
エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館/第9回極真会館全世界大会優勝)
※本戦は30−30、30−30、30−29
※アーツがFINAL8へ進出

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1002_k-1.htm

----------------------------------------------------------------

☆佐藤匠(極真会館)

第36回全日本大会 ベスト16

【K-1】 2010年10月2日(土・現地時間)韓国・ソウル オリンピック第1体育館

▼第2試合 スーパーファイト K-1ルール 3分3R延長1R
○セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア/ゴールデングローリー)
KO 1R2分30秒 ※右フック
佐藤匠(日本/極真会館/第36回極真会館全日本大会ベスト16)

http://gbring.com/sokuho/result/result2010_10/1002_k-1.htm

----------------------------------------------------------------

格闘技ウェブマガジンGBR


 


40代からの空手道 〜極真空手の巻〜
トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。